旧車イベント クラシックカーミーティング 旧車オフ会

関西を中心に北陸、四国、東海、山陽地方の70年代、80年代の旧車やイベントの紹介です

旧車イベント静岡県 80ミーティング バブル時代の名車達が集結 2017 富士スピードウェイ 旧車イベント 11月

      2018/07/08


旧車を買うための下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

今年は2年振りに富士スピードウェイで行われる

ハチマルミーティングの見学へ

去年は東京のお台場が会場だったので遠くて行けなかったが

今年はまた会場が富士スピードウェイに戻って来た

2年前の2015年は雨だったが

雨の80ミーティング2015 街道レーサー 入場 動画 旧車イベント 11月

今年は快晴で暑い

富士スピードウェイの入場料は1000円だがJAFカード割引で900円

紅葉の富士山も綺麗に見える

たくさんの80sカーが走って行く

80年代の車は1984年に免許を取得した自分にはまさにツボの車だ

80年代の日本車は

それまでスーパーカーやレーシングカーなどしか無かったターボやDOHC、

4バルブDOHC、DOHC+ターボ、ツインターボ、インタクーラー、

フルタイム4WD、電子制御トランスミッション、電子制御サス、エアサスなど

様々な新しい技術が入って来た時代で当時はそれらは新車でしか見れなかったので

それの技術が入っているという証拠の

誇らしげなバッジを付けた車を所有するだけで優越感に浸れた

まあなんちゃってステッカーも当時は一杯あったが(^_^;)

もちろん当時は高い車だったので憧れの車だった

ハチマルヒーローはそれらの一世を風靡した車達が集まる晴れ舞台の場所だ

前と会場が少し変わってしまったので見学者は

以前のエコパの時のようにかなり歩かなくてはならなかったが

http://80hero.com/80meeting/

今回の目玉は石原プロの出展車両が会場に展示される

R30スカイラインRSベースのRS-2とマシンRS-3

最初は個人マニアのレプリカかなと思ったが8月まで北海道の裕次郎記念館にあったものだ

こちらの方はレプリカかな

昭和の名車の紹介雑誌「Nostalgic Hero」や「ハチマルヒーロー」、Nostalgic speed」「Gワークス」など いろんな雑誌400種類以上!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

スーパーZ

スカイライン・ジャパン

後で会場内をパレードしていた

この230ローレルの後期の角目4灯が自分の教習車だった、重ステだった

徐々にC31ローレルに変わりつつあった、

断然新しいC31ローレルの方がハンドルも軽く乗りやすかった

カローラ店、80s(エイティーズ)

当時カローラ店で売られていたセリカ、スープラ、カローラなどが限定で

純正ノーマル仕様ばかりのクラブでメーカー公認らしい

500台限定のスープラ・ターボAもメンバーだ

スポンサード リンク

エイティーズは揃って入場

シティターボⅠ、ホットハッチの幕開けを作った

懐かしの昭和アイテムも展示されている

8台のR32GT-R グループAレプリカ軍団が今年もハチマルミーティングに参戦

当時は地味だったS12シルビア、ガゼール、ハッチバックとクーペがあった

セリカ、プレリュードがライバルでこの時代はリトラクタブルライトが定番

当時は人気が無かった三菱スタリオン、ブリスターフェンダーはかっこいい

昭和時代の50台限定の2000GSR-VRは当時黄色を1度だけ見た事があった

当時はワイドフェンダーが無かったので迫力があった

今日来てたワイドフェンダーは市販の2600GSR-VRだが

違いはエアコンのパネルで見分けれるらしい

ガルウィング仕様

こちらはGSR-Ⅲ SOHC+ターボ+インタークーラーで170馬力を発生

初期はZ31と同じようにボンネットバルジがあった

行きしなに遭遇したワイドフェンダーのセリカXX、TRUSTチューン?

「水道水はガンと死をまねく!?」「もう自衛するしかない水道水」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない天然の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

TRSUT・セリカXXは昔はトリプルターボや300km/hオーバーカーがあった

80年代の漫画に登場するよろしくメカドック仕様のセリカXXも

リアがワイドになっている鉄仮面 RSターボ

逆に珍しくなったL型ターボのR30スカイライン2000GT

ターボーサウンドはこっちの方が高周波な音がしていた

ポール・ニューマンのサイン入りバージョンもあった

この時代のL型はかなり洗練されていて静かだ

ジャック・ニクラウスバージョンもあった430セドリック

昔、勤めていた会社の社長が乗ってたY30セドリック

社長のはV6のJETターボだった、この頃は社長といえど3ナンバーはご法度で

クラウン・セドリックは2000ccの5ナンバーが主流だった

当時の社長の話では

バブル当時、社長同士でゴルフに行きしなに高速でよく競争したらしいが

クラウンのスーパーチャージャーよりセドリックv6ターボの方が速かったと言ってた

2800、3000などのNA3ナンバーは後からグイグイ来ると言ってた

ピラーレスハードトップは憧れたがクラウンに比べて

デザインや内装は古臭く感じたが今見るとこれもいい

サスは柔らかくとてもゆっくりショックが戻って来て船のようだった

Z31の3000ターボのパワーは当時はソアラ、セリカXXなど

他のライバル達に圧倒的に差をつけていた

300ZXターボは当時最強の230馬力 ゼロヨン14秒台、234km/hの最高速

70スープラ、2000ツインターボ

珍しいリアスポイラーレス、当時はオプションだったが、ほとんど付いていた

エアロトップと言われるタルガトップも今日の天気によく似合う

スポンサード リンク

懐かしいヒロレーシングのエアロ、グリルガードが特徴的だ

スカイライン・ジャパンで知り合いが付けてた

フィンカバーのエアロホイールも当時流行った

バラードCR-Xの通気口

20ソアラのシャコタン☆ブギ、はじめちゃん仕様

80年代常に最先端の技術を盛り込んだ初代ソアラも軍団で来てた

自分もVRターボと2800GTリミテッドを乗ってた

1台が賞に選ばれた、当時仕様のエアロにホイール

ソアラと言えば今井化成 のエアロも懐かしい、まだあるのかな

舞台に上がってるのはとんがりガールズというクルマ好き女子のグループ

http://tongarigirls.com/

会場を回って宣伝していた、後でサンシェードをもらった

司会の足の長い女子は藤井みのりさんというレースクイーン

https://ameblo.jp/shinobuairi/

表彰式も終わって閉会

見学車のムスタング・マッハワン

70年代のアメ車は車体も排気量もでかく迫力もあり

日本車に比べて圧倒的なトルクパワーを誇っていたが

日本車も80年代からターボやマルチバルブで巻き返した

全動画は下記で(更新中)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

欲しい車を値引き金額から更に 50 万円安くなる方法 「昔見た憧れの旧車やかっこいい新車に乗りたいけど、予算オーバーだ…」 「愛車の値引きを多くしてできるだけ次の愛車を安く買いたい…」 「ディーラーを回るのは面倒で…」 「新車や旧車をお得に最安値で手に入れたい…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、車の購入を検討しているけど色々悩みが尽きない... と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは 30 万円だった下取りが、 買取業者では 80 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大 10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。
スポンサード リンク

 - 2017 旧車イベント, 旧車イベント 東海, 旧車イベント 静岡